身につく 3つの能力

日出高等学校で身につく 3つの能力

これまでの知識重視型の勉強だけではなく、これからの社会で求められる力、つまり、問題・課題を見つけ解決する力こそが、これからの将来を担う生徒たちには必要です。日出学園の教育は「問題解決力」「進路実現力」「相互理解力」をバランス良く身につけさせ、社会で活躍する生徒を育成します。

【1】 アクティブラーニング ~問題解決力~

協働型学習

グループ学習や討論など、生徒が主体的に関わる授業

探究型学習

「リサーチ」→「フィールドワーク」→「プレゼンテーション」

体験型学習

グループコミュニケーションやディベートを通じて問題解決力を習得

IP教育

日出オリジナルの探究プログラム(国際コース・特進コース・進学コースで実施)

ICT教育

タブレット端末やスマートフォンを活用した成績管理・データ分析

アクティブラーニング/ ICT教育 ~問題解決力~

【2】 キャリアデザインプログラム ~進路実現力~

グランドデザイン

それぞれの学年の到達目標に合わせた進路指導

学力強化プログラム

小テスト管理システムやWEBシステムで基礎学力の定着

応用力教科プログラム

予備校との連携により発展的な学力の醸成

基礎学力強化プログラム ~進路実現力~

【3】 課外活動 ~相互理解力~

部活動

全生徒が部活動に参加することを奨励

委員会活動

生徒会を中心とした生徒のための学校生活

校外活動

学業と芸能・外部スポーツ活動を両立し、生徒の夢や目標をサポート

学校行事

文化祭・体育祭・修学旅行など、生徒が中心の学校行事

課外活動の充実 ~コミュニケーション力~