三者面談

1月9日より三者面談が開始されました。これまでの学習状況や生活状況の振り返りとともに、今後の進路について、生徒・保護者・担任が一緒になって考えていきます。1年生はいよいよ文系と理系のどちらかを決定する時期になりました。また、2年生は受験生0学期という意識のもと、本格的に自分の進むべき道を選んでいくときです。どちらの学年でも、はっきりと意思決定をして堂々と自分の意見を話せる生徒がいる一方で、まだまだ進路を決めかねていて、あいまいな返答しかできない生徒もいます。しかし、どの顔も真剣そのもので、これからの自分の進むべき道を本気で考えていこうとする姿が、校内のあちらこちらで見受けられます。