海外語学研修(イギリス)⑦

8月24日(水)、Brighton Language Collegeでの授業も、今日を入れて残り3日間となりました。この2,3日は初夏に戻ったような暑さが続きましたが、日本よりははるかに過ごしやすいです。生徒達も、ブライトンでの残りの滞在を有意義なものにさせるために、主体的に英語を使う機会を増やしております。この海外語学研修は、日本から引率の教員が同行し、ブライトンに常駐している現地のコーディネーターもおり、万全なサポート体制が整っております。しかし、あくまでも主役は生徒ですので、生徒自身が語学学校のスケジュールなどを確かめたい時も、現地の担当スタッフと直接英語で話をさせるようにしています。このように、自ら考えて行動し、どのような英語で伝えることが必要なのかを考えることで、様々な英語表現を習得していきます。海外語学研修では、この機会を有効活用させることを大事にしております。

DSC_0115

ブライトン大学の食堂でのランチの時も、他国の学生と趣味や異文化について英語で話をしています。