高校1年生 LHR進路講話

高校1年生のLHRでは、外部の講師の方をお招きして、大学入試についてと、日ごろの勉強方法についての説明をしていただきました。

 

大学入試の基礎知識として、センター入試は高校2年生レベルの範囲で出題され、教科書から約7割~8割出題されるといわれています。その中でも、受験生にとって意地悪な問題や問題量の多さからなかなか点数が取れないセンター入試独自の難しさもあります。

また、合格者の5割がセンター入試によるものであるということもお話しいただき、一般入試だけでなく、センター入試にも力を入れる。つまりは、日ごろの学校での勉強を大切にしていかなければならないということも同時にわかりました。

生徒たちは大学入試や勉強方法についての話を熱心に聞いていました。

自分の勉強方法を振り返ることで、今後の生活を見直す良い機会でもありました。

 

貴重な資料もいただき、今後この講話で得たことを、学校での生活や定期試験への取り組みに活かし、変わっていくことができればよいと思います。

 

IMG_6974

 

IMG_6975