月別アーカイブ: 8月 2015

海外語学研修⑪

8月28日(金)、Brighton Language Collegeでの二週間の英語のレッスンも本日で最終日となりました。最後の授業が終了すると、各クラスの担当教員から修了証が授与され、生徒達は、担当の先生やそれぞれの母国に帰国していく他国の学生と写真撮影を行い、別れの挨拶を交わしていました。

この二週間、親元を離れ、日本から遠く離れたイギリスで、様々な貴重な体験ができたかと思います。もっと長く居たいという気持ちが芽生えているように感じます。これは、ただ楽しいことをしているだけでは味わるものではなく、日本とは事情が異なるイギリスで、様々なカルチャーショックをも体験でき、適応力が培われたからだと思います。この海外語学研修での経験を生かし、日本帰国後も継続して英語の習得に力を注ぎ、英語を駆使して将来何ができるのかを考えてもらいたいと思います。

明日29日(土)の午前中に、ブライトンからロンドン・ヒースロー空港に向かい、お昼過ぎにイギリスを出国します。途中オランダ・アムステルダムを経由し、KLMオランダ航空KL863便にて日本時間30日(日)の午前11時50分、成田国際空港に帰着予定です。現在、参加生徒は全員元気に過ごしていますが、引き続き気を抜かずに無事に日本に帰国して参りたいと思います。

研修期間中は、英語をたくさん聞き、自分の英語が通じた時の喜びを味わうことができたそうです。

語学研修期間中は、英語をたくさん聞き、自分の英語が通じた時の喜びを味わうことができたそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC01350_3

 

 

 

  • 2015年08月29日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修⑩

8月26日(水)、ここ数日間ブライトンは、連日の雨に見舞われていましたが、夕方から日が差し始め、海辺に設置されているBrighton Wheel(観覧車)から、きれいな海岸線を見渡すことができました。

ここ数日の肌寒さにより、現地でトレーナーなどを購入して、早速着用している生徒がいました。購入した生徒達にどこで買ったのかきいてみたところ、「PRIMARK」というお店で購入していました。この「PRIMARK」ですが、隣国アイルランド発祥の激安ファッションチェーンで、現在イギリス全土の他、ヨーロッパ諸国にも展開しています。「PRIMARK」は品揃えが豊富なだけでなく、たいていの商品が競合他社の7割から半額で売られており、イギリス国内では老若男女問わず愛されています。また物価が高いイギリスにおいては、海外からの学生や観光客にも人気があります。

語学研修も早いもので残り3泊となりました。引き続き気を引き締めて臨んでもらいたいと思います。

 

ここで、参加生徒によるこれまでの感想と抱負をご紹介します。

 

2年C組 渡邊 沙彩さん

初日、ホストマザーが語学学校まで迎えに来て下さった時は、緊張と不安のあまり、正直ステイ先に向かう車の中での会話は覚えていません。翌日から授業が始まりましたが、他国の子達に圧倒されてしまい、自分の英語に自信が持てなくて、伝えたいことを伝えることが出来ずに後悔することが多かったです。しかし同時にとても良い体験をし始めた頃でもありました。3日目に帰り道を間違えて不安な気持ちでいたときに、そこにいた人たちが親切に教えてくれたことに感動しました。そのおかげもあり、少しずつ英語に対する考え方や意識も変わっていきました。そして毎日が新しい発見で、ブライトンでは雨が降ってても傘をさす人が少ないことや、日本との食文化の違いに驚きの連続です。些細なことでもすごく刺激になっています。残り3日になってしまった今では、英語で会話が出来ることが楽しくて仕方ないです。早く帰りたいという気持ちも、今ではもっと長く滞在していたいという気持ちに変わっていました。アクティビティも本当に楽しくて、1日があっという間に過ぎてしまいます。残り3日間は、よりたくさんのことを吸収して、少しでも成長して日本に帰国したいです。

DSC01329

 

 

 

 

DSC01333

 

DSC01322

  • 2015年08月27日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修⑨

8月25日(火)、今週に入り二日連続で雨に見舞われており、ここブライトンもかなり肌寒く感じます。悪天候にもめげずに、参加生徒は全員元気に語学学校まで英語のレッスンを受けに来ております。

イギリスの天候は、「一日に四季がある」と言われても過言ではありません。それに伴い、イギリスには天候を表す表現も多数存在します。実際に、雨の降り方を伝える気象情報でも”downpour”という表現が頻繁に使われています。因みに”downpour”というのは「どしゃ降り」という意味をもつ単語です。

交通事情に関しては、イギリスは日本と同じで左側通行ですが、数種類存在するイギリスの歩行者用横断歩道の一つの”puffin crossing”は、信号機が手前岸の横に立っているため、参加生徒もこの横断歩道に慣れるのに時間がかかると言っていました。

二週目に入り、生徒達の英語の勉強に対する姿勢にも変化が見られ始めました。語学学校の先生方に何か伝えたいことがある場合、引率教員の言語的援助を借りなくても、積極的に英語で話しかけている場面が多く見られており、生徒達も通じたときの喜びを徐々に味わえているようです。

日本と同じ向こう岸に立つ歩行者用信号はpelican crossingと言います

この歩行者用信号は”pelican crossing”と呼ばれています。

 

 

 

 

 

これが”puffin crossing”です。車がやってくる方向に信号機が設置されており、向こう岸には信号機がありませんが、信号機と進入車を同時に確認できる利点があります。

 

 

 

 

 

 

アクティビティー担当の先生とも積極的に英語で話しかけています。

アクティビティー担当の先生とも積極的に英語で話しかけています。

  • 2015年08月26日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修⑧

8月24日(月)、今日から二週目の英語のレッスンが始まりました。一週目を終えて、これまでの感想と今後の目標を生徒に書いてもらいました。

2年D組 野村 麻理奈さん

ブライトンに来て一週間が経ちました。私はこの一週間で、現地の人がナチュラルスピードで話すことを聞き取り、それを理解してしっかりとした文で応答することがいかに大変かということ、そして何より今まで習ったことをとっさに使うことの難しさをも学びました。

まず初日、ホストマザーに迎えに来てもらった時の車の中で、沢山の質問をされました。住んでいる所や兄弟の数など話が途切れないように沢山話してくれましたが、当の私は、単語を理解するのに必死で頭がパンクしそうでした。それに気づいたホストマザーがゆっくりとわかりやすく話してくれて、どうにか返答することが出来たのですが、文ではなく、”Yokohama”や”one brother”のように単語でしか応答することが出来ませんでした。その時は、今まで小さい頃から習ってきた英語の文法、文構成など頭の片隅にも浮かんで来ず、とてもショックで悔しかったです。また、飲食店、洋服屋に行ったときにも、言われたことに対して応答するのに時間がかかったり、質問したいことがあっても文を構成できないことがあり、確実な勉強不足と順応力の無さを痛感しました。これからは、今日買った英語の本を読み、街行く人々の会話などを聞いたりするようにし、相手の言っている内容を確実に理解できるように努力したいと思います。

研修もあと一週間になりましたが、今日会った日本人の大学生や納戸先生に言われたように、高校生のうちにこのように海外で勉強することはとても貴重なことだと思うので、残りの日々も気を抜かず、全力で頑張っていきたいと思います。

夜8時頃のブライトンビーチ

 

 

 

 

 

ロンドン地下鉄にも乗りました。

  • 2015年08月24日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修⑦

8月22日(土)、この日はブライトン駅で電車の一日乗車券を購入し、ロンドンの日帰り遠足に出掛けました。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市されており、この日も多くの観光客で賑わっていました。今回の遠足では、バッキンガム宮殿、国会議事堂、バラマーケット、タワーブリッジ、ロンドン塔を訪問し、その後ピカデリーサーカスを基点として、自由行動の時間にそれぞれ買い物を楽しんでいる様子でした。

ブライトン駅の改札前にて

ブライトン駅にて

DSC01271

世界で最も有名なロンドンの大時計塔ビッグベンにて

タワーブリッジを背景に

タワーブリッジを背景に

ピカデリーサーカスにて

ピカデリーサーカスにて

バラマーケットにて

お昼はバラマーケットで好きなものを買って食べました

週末のバラマーケットには多くの観光客が集まって来ます

バラマーケットはロンドン最大にして最古のオーガニックマーケットでもあり、週末には多くの観光客が集まって来ます

  • 2015年08月23日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修⑥

8月21日(金)、今日は一週目最後の授業日になりました。この日の英語のレッスンは午前中で終わり、昼食後にアフタヌーンアクティビティーとして、イングランド南東部の小さな城下町アルンデルにあるアルンデル城に出掛けました。このアルンデル城は、1067年にウイリアム征服王によって築かれて以来長い歴史を持っており、塔の上は周囲に広がるサセックスの田園風景を一望できる絶景スポットにもなっています。

明日は、参加生徒がとても楽しみにしているロンドン日帰り遠足が予定されています。ブライトン駅に現地集合し、地下鉄一日乗車券を購入し、ロンドン地下鉄を利用してロンドンの主要スポットを訪れる予定です。

アルンデル城にて

アルンデル城にて

 

風光明媚なサセックスの丘陵地帯(South Downs)を見渡すことができます

風光明媚な丘陵地帯(South Downs)を見渡せます

  • 2015年08月22日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修⑤

8月20日(木)、語学学校を行っているブライトンですが、ここ数日はかなり涼しく、時折にわか雨に見舞われることもあります。一般的に、8月の東京はまだ厳しい残暑が続きますが、現在滞在しているイギリスの南東部沿岸に位置するブライトンは、日中の週間平均気温が19度となり、長袖が必要になります。引き続き体調管理に気をつけて、イギリスでの語学研修を続けてもらいたいと思います。

英語のレッスンでは、他国の学生とも様々な話題に関するディスカッションが行われますが、参加生徒は他国の学生のディスカッションへの積極的な姿勢にまだ圧倒されることが多いそうです。他国の学生に負けずに、間違えを恐れずに英語を使ってもらいたいと思います。

この日の放課後は、Brighton Pierと呼ばれる娯楽施設がある桟橋に行き、夕方のアクティビティーとして、イギリス料理の代表とも言えるFish and chipsを食べる機会がありました。どの生徒も想像以上のボリュームに驚きながらを食事を楽しんでいる様子でした。

Fish and chipsを注文しています

Fish and chipsを注文しています

DSC01233

  • 2015年08月21日
  • カテゴリー: 行事

海外語学研修④

8月19日(水)、3日目の授業がスタートしました。1日目の時よりも、「先生の言っていることが聴き取れた」、「授業が面白かった」という報告が生徒から出始め、英語の勉強に意欲的に取り組んでいる様子も見られます。本研修は、引率教員が最初から手取り足取り手助けをすることは敢えてせず、例えば行きたい場所までの路線バスの乗り方、ホストファミリーへの帰宅時間などの連絡も、まずは生徒自身でバスドライバーや語学学校に常駐しているイギリス人教員に英語で尋ねるようにさせています。そうさせることで、自ずと生徒自身が英語を使わざるを得ない状況に遭遇し、通じたときの喜びは無論、失敗から学ぶことも多々あります。例えば、語学学校があるブライトンの中心地のOld Stein に行きたいときに、到着したバスのドライバーに、”Is this the right bus for Old Stein?”などと言えば大丈夫ですし、~に行くには何番バスに乗ればよいかを尋ねる場合は、”Could you tell me which number bus to take to get to ~? と言うことになります。このように、参加生徒たちには失敗を恐れずにどんどん英語を使ってもらいたいと思います。

DSC01228

 

 

 

 

 

DSC01178

市街地を走っているブライトンバス

  • 2015年08月20日
  • カテゴリー: 行事

高校ダンスドリル部大会結果報告!②

8月17日、パシフィコ横浜国立大ホールで高校ダンス部の日本一を決める全国大会、第8回日本高校ダンス部選手権全国決勝大会が行われました。

 

全国各地で行われた地区予選370校から勝ち抜いた、2~9人で構成されるスモールクラス45校、10人以上で構成されるビッククラス55校が全国決勝大会に参加しました。

 

本校はスモールクラスで出場し、結果は「優秀賞(第3位)」と健闘しました。

最高の演技を披露し、最高の賞を得ることができました。

 

8月18日朝刊 産経新聞より

8月18日朝刊 産経新聞より

 

子供たちは本大会で「日本一」を目指し、これまで本気で練習に励んできました。この情熱と積み重ねてきたものは、結果よりも勝るものだと思っています。私は子供たちのそれにかけた姿勢こそ「日本一」だと実感しています。

 

そしてパシフィコ横浜まで応援に足を運んでくださった、保護者・ご家族の皆様、OB・OGの先輩方、生徒の皆様、渡辺様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

 

次は9月20日に行われる、全日本高等学校チームダンス選手権全国決勝大会に向け、今ある作品を深め、全力で練習に励みたいと思います。

 

今後とも、応援宜しくお願いいたします!

海外語学研修③

8月18日(火)、今日からは朝9時から午後4時まで英語のレッスンがありました。担当の先生の報告によると、まだ質問に対してわずか2,3語での返答が多いので、まずは間違えを恐れず、担当の先生から提示される構文を使って、複数の文で返答させる習慣をつけさせているそうです。この習慣こそが、英検などの二次面接などにおいて求められるスキルになるので、積極的な姿勢でレッスンを受け、英語での自己表現力を高めてもらいたいと思います。

この日の放課後は、夜のアクティビティーに備えて、各自で夕食を済ませ、ブライトンマリーナに移動し、ボートツアーに出掛けました。

DSC01221DSC01218

 

 

 

 

 

  • 2015年08月19日
  • カテゴリー: 行事